エネルギーをマネジメントするということ

Yurie

IMG_0380.jpg

わたしは特に信仰しているものがないためか、全人類に共通する真理のようなものがあるような気がしています。

そしてそこへ行き着くための第一歩が、エネルギーについて学ぶことではないかと思ったのです。

いきなりスピリチュアル?!と思われたかもしれませんが(笑)そうでもないです。

Energy medicine というものをご存知ですか?

エネルギーの存在を解明し、医療に落とし込んで実践を目指すという、近年成長中の学問です。

Shamanism(シャーマニズム)や Traditional Chinese Medicine(漢方薬、鍼)なども含まれますが、Future medicine とも言われており、わたしもとっても興味があります。

科学的に明らかにされている部分は少ないかもしれませんが、科学は正否を証明するものではなく単なる method(メソッド)だと教わりました。そう考えると、科学が後からついてくる、ということも十分にあり得ますよね。

わたしもまた何か学びを得たら、ここでシェアしていきたいと思います。

「全人類に共通する真理」についてですが(我ながらめっちゃ壮大ですが笑)わたしの精神は日本人由来なので、神道における "八百万の神" というものにはとてもしっくり来るのですよね。

ちなみに、オーストラリアの先住民族であるアボリジニはこんな考え方をするそうです。

『すべての命は自然から生まれ、自然によって生かされている。』

そういう風に自然を感じられるようになったら素敵ですよね。彼らは自然と共に暮らし、何か問題や争いごとが起きたら愛を以って解決するのだそう。

わたしはアボリジニほど自然と共存できていないけれど、気持ちの良い場所や守られているように感じる場所はやっぱりあります。

みなさんもお気に入りの場所はあると思います。そしてその感じ方は人によって違いますよね。自分が良いと感じている場所でも、友人はそうでもなさそうだったり。

それもこれも、その空間が放っているエネルギー(波動:バイブレーション)に関係しています。


では、エネルギーとは一体何なのでしょうか。

エネルギーとは、わたし達の心と身体、そして魂そのものだと言えます。

《エネルギー = 自分自身》

なので自分自身が取り入れたものによってエネルギーは変化します。

食べ物や飲み物として口から摂取するものだけでなく、表面の毛穴から、そして目や鼻や耳からの感覚的なもの、あるいは思考や感情として頭の中に取り入れるものすべて。

つまり、エネルギーを変えたければ、体内に取り入れるものを変えればいい。

とてもシンプル。

けれど多くの人にとってそれが難しいのは、その変化自体が、エネルギーを丸ごと変えてしまう行為だからです。

先ほど述べたように、エネルギーとは自分自身なので、それを変えるとなると、相当なモチベーションが必要となってきます。

しかし、エネルギーは流動的なので、更新しなければ下がっていく。

そこで大切になってくるのが"エネルギーのマネジメント = Wellbeing" です。

IMG_0354.jpg

エネルギーをマネジメントするには、自分にとっての "ちょうど良い" を知ることが第一歩です。

食事、運動、睡眠など・・・自分の身体が本当に必要としているだけの、ちょうど良いレベルに合わせること。

「これくらいでいいかな」という "程よさ" ではなく、身体が本当に求めている "ちょうど良さ" 。

自分が必要とするものと自分の行動がマッチしていなければ、身体はハッピーになれないのです。だから病気になったりする。

エネルギーの観点からすると、何事おいても量よりも質の方がずっと大切で、すべては自分の選択の積み重ねで・・・つまり自己責任。

最初は難しいかもしれないけれど、エネルギーの仕組みはとてもシンプルなので、マネジメントできるようになると、とても生きやすくなると思います。

まずは自分の "ちょうど良さ" を知ること。そのためには、身体のことをよく知ること。

わたしが最近やるのは、朝起きがけにベッドの中で目閉じたまま、胸とお腹に手を当てて今日の身体と対話することです。そうすることで、その日の内臓の動き、呼吸、感覚・・・そして朝一番に摂りたいものが分かってきます。

エネルギーを意識した選択を続けていくことで、人生が変わります。

忙しい日々の中で自分のことは後回しにされる方も多いかと思いますが、もう少し自分にもフォーカスしてあげてくださいね。
エネルギー

Sponsored link

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply